こんにちは。ニコレットです。
寒い日が続きますが、日が射してるところはなんとなく春が近づいている感じもいたします………。
さて、少し前のことになりますが、『ジブリの立体建造物展(あべのハルカス)』に行ってきました。

ジブリ作品を全部見ているわけではないですが、金曜ロードショーで育った世代なので昔は放送されたジブリ作品は必ず観ており初めて観たのはナウシカ(これはジブリではない?)。

魔女の宅急便、耳をすませば、もののけ姫、千と千尋、ハウルの動く城、借りぐらしのアリエッティは劇場で観ました。この頃は行きたいと言う人がいなければ映画館に行かなかったので、珍しく観に行っていた感じです。今では一人でも観に行けるようになりました(笑)

昔は一番はと聞かれると「天空の城 ラピュタ」でした。もう、ロマンですね。
「紅の豚」は食わず嫌いな感じでしたがだいぶ大人になって観たら好きな作品になりました。

やっぱり宮崎駿監督の作品に好きなのが多いかもしれません。他の監督作品だとつっこみたくなってしまうのですが、宮崎さんのはなんか納得してしまうのと観たあとの心地がよいのかな、と思います。

立体建造物展について書かずジブリ作品との思い出に関して語ってしまいました。
それでは。